2012年大阪限定モデル ミズノ・ウェーブライダー16

mizuno wave rider 16

スポンサードリンク




本日11/29(水)は帰宅後に6kmランニングを実施

mizuno wave rider 21 mizuno wave rider 21

最初の4kmをペース走するつもりでしたが、苦しかったので3.2㎞地点で歩きました(無理は禁物ですから…)

結局5km/29分で、最後の1kmをウォーキングしました

5分20秒/1kmで3㎞続けて走れるようになっただけでも成長ですね

2012年大阪限定モデル ミズノ・ウェーブライダー16

実は2014年初めから約4年間、練習用のランニングシューズはNew Balance M1040を愛用してきました

new balance m1040

2013年12月に購入したM1040

new balance m1040

2014年12月に購入したM1040

new balance m1040

購入直後は、しっかりした踵のホールドがあったのですが…

new balance m1040

さすがに3年間履き続けると踵のホールド機能も潰れて、ほとんど用を成しておりません…

new balance m1040

かなりボロボロになっていたのですが、愛着があったので履き続けていました

しかし本格的なランニング練習を始めるには、さすがボロボロ過ぎるので、新しいシューズに変えました

mizuno wave rider 16

ミズノ・ウェーブライダー16(2012年大阪マラソン限定モデル)

実はこのシューズ、2013年1月20日に初めてのランニング大会である「第58回備南ロードレース大会10km」を完走した日の帰りに購入したものです

初めてのランニング大会で感動した私は、急に新しいシューズが欲しくなり、倉敷イオンでこのシューズを衝動買いしたという訳です

ところが当時使用していた幅広の「ミズノ・ウェーブネクサス6SW」に比べて履き心地が少し窮屈だったので、数回履いただけで倉庫に保管していました

mizuno wave nexus 6

2012年12月に、本格的にランニング練習を開始するために購入したミズノ・ウェーブネクサス6 SW

このシューズはランニング初心者の私にとっては最高のシューズで、1年間、ボロボロになるまで履きました

その後、幅広(4E)のNew Balance M1040を購入したので、ウェーブライダー16の存在はすっかり忘れ去っていました

ボロボロになったM1040の代わりに、約5年の歳月を経て、使い始めたました

mizuno wave rider 16

先日から履き始めているのですが、何故か当時感じた窮屈さはありません

実はもう一足、新しいシューズを購入しました

mizuno wave rider 21

ミズノ・ウェーブライダー21SW

次回のランニング練習から使い始める予定ですので、使用感などをレビューしたいと思います!

Google Ad